お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ニュース

repicbook、読むだけでプログラミング的思考を育てる本を発売

repicbook(リピックブック)は、3匹のかわいいネズミたちの活躍を描いたストーリーを読むだけでプログラミングの基礎的知識を身に付けることができ、プログラム言語のScratchでゲームまで作ることができる『子どもの考える力を育てる ゼロから学ぶ プログラミング入門』を10月16日(月)から全国の書店で販売しました。

同書は、プログラミングを通じて、子どもの考える力を育てることを目標に作られています。

第1章は、3匹のネズミたちが掃除や料理といった日常生活の中からプログラミング的思考を学ぶストーリーの「ネズミ探偵団と謎の怪盗事件 ~おそうじロボットの世界~」。この章では、物語を読むだけでプログラムの基礎的知識を身に付けることができます。

第2章では、子ども向けプログラム言語Scratchを使ってプログラミングを実践しながら学習。第1章で紹介したプログラミング的思考を実際のプログラムで体験することで、より考える力を習得することができる内容となっています。

最終的には、本格的なシューティングゲームを作るところまで学べ、自然にプログラミングが理解できる一冊になっているということです。

【書籍概要】
名称:子どもの考える力を育てる ゼロから学ぶ プログラミング入門
著者:すわべ しんいち
監修:熊谷 正朗
絵 :典(てん)
定価:1,500円(税別)
規格:B5サイズ、160ページ

『子どもの考える力を育てる ゼロから学ぶ プログラミング入門』の絵本は、全国の主な書店、またはAmazon.co.jpのサイト等からご購入できます。