お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【JavaScript】どうぶつの写真紹介vol.1

さて今回は、ボタンを押すと動物の写真が切り替わっていく簡単なページを。

WEBページでちょっと動きのある機能を持たせたいとき、JavaScriptを使えば何かと重宝するんですよね。

動物の写真を3枚ほど、ボタンを押せば切り替わっていくプログラムです。

ライオン、しまうま、キリンの写真をそれぞれ用意。

まずはボタンを作っていきましょう。

続いて、画像を表示させるところを確保して、ボタンとの間隔を少し取りました。

このエレメントには”photo”という名前を。

今度は、ボタンを押したときのアクションを作っていきましょう。

まずはライオンのボタン部分にonclickを追加。

続いて、ボタンがクリックされたときのアクションを。

ここはライオンの画像を表示させます。

クリックしてみましょう。ライオンの画像が出てきたらOK。

ここまでの仕組みをもう一度、確認します。

ちなみに3つの写真はimgフォルダに入れていますが、相対パスと絶対パスについて少し触れておきます。

フォルダ階層が変わっても影響が出ないということで、今後は相対パスで書くことにしましょう。

これでライオンは完成です。

続いて、しまうまとキリンも画像が出るように、コードを追加していきましょう。

ライオン、しまうま、キリン、3つの写真が切り替わればすべて完成です。

平常授業でつくるWEBサイトの中でも、JavaScriptによる簡単なプログラムを追加すれば、動きのある表現が可能になります。

プログラミング学習の一環として、ぜひチャレンジしてください。