お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

STEAM教育の展望

STEM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を重視した教育方針のこと。

こうした理数、科学をベースとした人材育成は、当初アメリカで導入されました。

そして2020年からはじまる教育改革の前に、日本においてもSTEM教育が積極的に進められています。

将来、かなりの職業が、情報技術や電子工学と密接に関わるようになり、今すでに危機的な人材不足がはじまっているためです。

そして最近では、これにArt(芸術)を付け加えた「STEAM教育」を充実させる学校が増えてきました。

Art分野を伸ばすということ

なぜこれからアートの要素が必要なのでしょうか。

アートとは言い換えると、創造性。

科学や工学のように、あらかじめ決まった知識をつなぎ合わせて考えたり、論理的にものごとを解決する能力とは正反対の能力といえるのではないでしょうか。

ゼロからイチを生み出して新しい価値をつくり出すには、豊かな創造力が必要なのです。

STEAM教育が目指すのは、まさに子どもたちの創造力を育み、次世代の人材を育成すること。

当ゼミでも、illustrator、PhotoShopを軸としたデザイン実習に取り組んでいます。

デザインソフトは手数も多く、はじめは誰でも操作に苦労します。

しかし、思い通りのイラストが描けたり、空想イメージのような画像が出来上がると、デザインの楽しさがわかってくるもの。

ソフトの操作だけでなく、レイアウトや構成センスも育まれるんですね。

パソコンでできることが一気に広がります。

プログラミングとデザイン。

一見相反する二つのスキルを向上させて、将来に活きる能力を身につけましょう。