お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
スクラッチ

ステージのX座標、Y座標

ステージの位置

スプライトの配置はステージの中のどこに置いても大丈夫です。

マウスでドラッグして簡単に配置はできるわけですが、実際にキャラクターに動きをつけたりゲームを作ったりするときは、決まった位置を正確に指定しなければなりません。

X座標とY座標

スプライトの位置をはっきり指定できるように、スクラッチでは座標を用いています。

関数グラフにも出てくるX軸、Y軸ですね。
横へ方向をX、縦の方向をYとして、その数値によってスプライトの配置を示すようになっています。

X座標(横方向)の位置は「-240〜240」までの数値で、Y座標(縦方向)は「-180〜180」までの数字で示されます。

X軸が0、Y軸0はちょうど真ん中になります。

zahyou

カーソルとスプライトの位置

ためしにマウスのカーソルを動かしてみましょう。
右下の「X:とY:」の表記を見ると、数値が変わっていくのがわかります。
これが、マウスカーソルの場所なんですね。

Scratch 2 Offline Editor 2016-08-28 14-53-33

続いて、ねこのスプライトをマウスでドラッグしてみましょう。
すると、「X座標を○、Y座標を○にする」ブロックの数値が変わっていくのがわかります。

Scratch 2 Offline Editor 2016-08-28 15-10-09

この場合、ねこのキャラクターはX軸(横方向)に「134」、Y軸(縦方向)に「-80」のところに位置するこということになります。

ちなみに、スクラッチを起動した直後、ねこのスプライトの場所はど真ん中の「x:O y:O 向き:90」になっています。