お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
スクラッチ

厳密なタイマーをつくる

タイマーのプログラム

大抵のゲームでは、時間をはかるプログラムが必要となってきます。

一般的なタイマーの作りかたは、1秒まって変数「タイマー」を1ずつ変えるプログラムではないでしょうか。

たとえば、2秒たてば整数「2」が表示。

しかしゲームによっては、もっと厳密に時間をはかりたいこともあるはず。

たとえばカーレースのゲームでは、コンマ何秒で勝ち負けが決まります。

そんなときに便利なのがシステムタイマー。

システム内部で管理されているタイマーなので、厳密に時間をはかることができます。

これを使ってタイマーをつくってみましょう。

少数第3位までの細かいタイムが出ました。

「少数まで出てほしくない。」というときは、切り下げのプログラムを。

1秒待つはズレが出る

もちろん、1秒待つを使ったタイマーでもいいんですが、これってじつは微妙なズレが生じています。

わかりやすく見ていきましょう。

まず、変数「タイマー1」と「タイマー2」を用意。

そしてこの2つを使って、それぞれプログラムをつくります。

同時に「スタート!」ということで、緑の旗ボタンを押したとしても、コンマ数秒のズレって出てくるんですよね。

少しのズレですが、これが100秒、1000秒と続いていくと、その誤差はかなりのものでしょう。

厳密にきっちりと時間をはかりたい場合は、ぜひシステムタイマーを使いましょう。