ニュース

NEWS

関大初等部監修の『デジタル思考ツール』9月下旬発売

VERSION2は、関西大学初等部監修によるパソコン、タブレット用のデジタル教材「デジタル思考ツール」を開発し、9月下旬に販売予定と発表しました。

デジタル思考ツールは、関西大学初等部のもとに「考える方法=思考スキル学習」のトレーニングが手軽にできるデジタル教材。「比較する」「分類する」「多面的にみる」「関連づける」「構造化する」「評価する」という6つの思考スキルに応じた課題から、思考力のトレーニングが行えるということです。

正解した課題は、操作手順のプレイバックをすることで「思考の過程」を振り返り、より理解を深める「振り返り学習」も可能。画面のカードをドラッグ&ドロップするだけというわかりやすい操作性で、子どもでも取り組みやすく、思考スキルと学習能力の向上が期待できます。

Windows、Mac、iPad、Androindといった端末に対応。
価格は、学校ライセンス版が29,800円(税別)。利用の申込みや詳しい問い合わせは、デジタル思考ツールWebサイトの問い合わせフォームから行えます。

デジタル思考ツール