Unity事例ノート

UNITY

指定の座標まで落下すればPrefabを削除

オブジェクトがある場所まで落ちれば、削除される仕組みをつくりましょう。 Sphereのプレハブを1秒おきに生成。 指定した座標まで落下すると、オブジェクトが消えます。 関連記事: 落下スピードをランダムにする …続きを読む

落下スピードをランダムにする

オブジェクトが落下していくスピードをランダムにする仕組みをつくってみましょう。 クリックのたびに、リジッドボディの抵抗(Drag)を取得して、その数値を乱数にするスクリプトを作成します。 dragを変えれば空気抵抗が変化し、重力 …続きを読む

点数をテキスト表示

スコアをテキストで画面表示できるようにスクリプトを作成してみましょう。 今回の例では、Cubeをクリックすると加点されて、その点数が画面に表示されます。 関連記事: ベストタイム(最短時間)の更新とリセット ベストタ …続きを読む

Prefabに触れると得点が入る

飛んでくるオブジェクトにぶつかれば、点数が増えるしくみを作ってみましょう。 前方から1秒おきに飛んでくるボールのPrefab。 Cube(プレーヤー)がボールに触れるとスコアが加算され、コンソールに表示されます。 …続きを読む

指定の座標からn秒おきに発射

決まった位置から、プレハブを発射できるスクリプトをつくってみましょう。 今回の例では、Y座標5、Z座標20のところから、手前に向かって1秒おきに発射される仕組みです。 プレハブが生成される座標を、あらかじめスクリプト内で指定しま …続きを読む

n秒おきに発射をくり返す

n秒おきに、ずっとオブジェクトを発射する仕組みをつくってみましょう。 今回の例では、1秒おきにSphereのプレハブを生成。 生成したプレハブに対して力を加え、前方に向けて飛ばしています。 関連記事: キーを長押 …続きを読む

10分の1の確率で異なるPrefabを生成

Prefab生成をくり返す中で、10分の1の確率で、種類の異なるPrefabを生成できるようにスクリプトを作成してみましょう。 通常ブルーのボールを1秒おきに出現させますが、10分の1の確率で、赤ボールが出てきます。 0~9のラ …続きを読む

Rayが当たった位置までの距離

クリックしてRayを飛ばし、照射の当たった位置から、自身のオブジェクトまでの距離を表示させてみましょう。 前方のオブジェクトに対してクリックすれば、Raycastを照射。 Rayがヒットしたところまでの距離を、コンソールに表示し …続きを読む

箱形のRaycastを作る

ボックスタイプのRaycast(光線)を作って飛ばしてみましょう。 通常のRayは線状になっていますが、箱形にすれば、Rayに厚みをもたせることができます。 前方に向けてサイズ1.0の大きさで、5.0離れた場所にRayを出してみ …続きを読む

球形のRaycastを作る

球体のRaycast(光線)を作って飛ばしてみましょう。 通常のRayは線状になっていますが、球の形にすることで、光線に幅と高さを出すことができます。 今回の例では、右方向に向けて半径1.0のRayを出してみます。 …続きを読む

1 2 3 47
無料体験授業のお申し込み

SCHOOL教室案内