Unity事例ノート

UNITY

画像データをMaterialとして扱う方法

3Dオブジェクトに画像を適用させる手順について、見ていきましょう。 今回はインポートしたjpgファイルを、Materialで設定して、オブジェクトに追加できるようにします。 関連記事: 画像(UI.Image)の設定項目 条 …続きを読む

Collider内にとどまればn秒間動けなくなる

範囲に侵入して、しばらくすると移動不能になり、数秒経てば再び動かせるようにしてみましょう。 今回の例では、BoxColliderに入ってから2秒後に動けなくなり、さらに2秒経過すれば動けるようにします。 非表示にしたBoxCol …続きを読む

エリア内にn秒間滞在すれば実行

特定のエリアに侵入した後、n秒経過すれば、実行される仕組みをつくってみましょう。 今回の例では、BoxCollider内に入った状態で、2秒間経てば、プレーヤーを削除します。 関連記事: Collider内にとどまれば …続きを読む

バウンドの高さをスクリプトから調整

バウンドの力を、スクリプトから指定して、一定の高さになるようにしてみましょう。 物理マテリアルを使わず、ボールの跳ね返りをスクリプトから行うことで、常に一定の力でバウンドを続けます。 関連記事: AddForceを使っ …続きを読む

2つのオブジェクトを順繰りで動かす

2つのオブジェクトが順繰りで動くように、スクリプトを作成してみましょう。 ある位置に来たときに、左へワープして、また次のオブジェクトとして移動します。 2つのCubeが隙間なく、ループ移動をくり返しています。 関連 …続きを読む

爆発のエフェクトを発生させる

ただオブジェクトを消すだけでなく、ゲームの臨場感を出すためには、パーティクルが欠かせません。 オブジェクトを壊したときに、パーティクルを出現させてみましょう。 Cubeをクリックすれば、爆発エフェクトが一回だけ再生されます。 …続きを読む

1 2 3 52
無料体験授業のお申し込み

SCHOOL教室案内