ゼミノート

NOTES

【枚方くずは校】オリジナル演出をプログラミング

演出効果でゲームをさらに面白く

ゲーム制作では、あらゆるジャンルの作品をつくりながら、論理的思考力を身につけていきます。

こだわりのゲーム演出を企画し、作品に取り入れた塾生(小5)をご紹介しましょう。

今回作ったフィッシングゲームは、制限時間内に、すべての魚を釣り上げるのがミッションです。

ここにオリジナル演出を加え、ゲームをさらに面白くアレンジしました。

スタートすると、いきなり爆発アニメーションが再生。

海のシーンに切替わり、ここからゲームスタート。

魚釣りゲームを始めましょう。

のんびり魚釣りを楽しんでいると・・・。

何やらド派手なモンスターが降臨してきました。

・・・、画面が見えない。

しばらくすると、モンスターが消えてくれました。

釣りを楽しんでいると、また不穏な空気が・・・。

あれ?今回はちょっと様子が違います。

ブルブルと振動しながら降臨するモンスター。

プログラミングでこの動きを付けるのは、かなり骨の折れる作業ですね。

そして、ついに最終形態・・・。

画面がビカビカ光って、ただならない雰囲気が伝わってきます。

とてもハイレベルな演出ですね。

時間が経過するたびに、このような演出がたくさん登場します。

また、キー操作による新機能も盛り込まれていて、たいへんクオリティの高い作品に仕上がりました!

アイデアをプログラムとして考える

このように、演出やシナリオ、追加機能など、自分なりのアイデアで企画してみましょう。

アイデアをゲームに盛り込むには、「これを作るために、どうプログラミングしようかな?」と考えなければなりません。

でもプログラミングでは、うまく動かなかったり、思い通りにいかないことがほとんどなんですね。

それでも考えることをあきらめず、トライ&エラーを重ねていくうちに、プログラミング的な考え方がわかるようになります。

塾生の皆さん、何か一つ、自分のアイデアを形にしてみましょう!

【枚方くずは校】
大阪府枚方市南楠葉1-26-2 大京ビル2F
枚方くずは校 教室ページ