お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

灘中の過去問をプログラミングで解いてみよう(2008年度)

2008年度の灘中入試問題(算数1日目大問3)について、プログラムロジックを考えていきましょう。

and条件

今までの問題に比べて、ロジックを考えるのはけっこう簡単な方ではないでしょうか。

まずはいつものように変数を一つ用意。

ここでは「整数」という名前をつけます。

続いて、「17で割ると3余る」、「13で割ると7余る」。

ここを中心に考えていきましょう。

プログラムで表すとこのようになります。

この二つの条件、両方を満たしている必要があります。

プログラミングでいえば「and条件」。

スクラッチでは「かつ」というブロックですね。

「整数」を1ずつ増やしていき、この条件に合う数字だけをピックアップすればいいわけです。

条件に合う3桁の整数をピックアップ

そこで、注目するのが「3桁の整数」のみをピックアップしなければならないこと。

ということは、100~999までが範囲となります。

スタートの変数を99に設定。

そして、999になるまで1ずつカウントするループをつくります。

さて、続いて考えないといけないのが、条件に当てはまった整数の保管しておく場所。

これはリストを作るんですね。

ここでは、「候補」という名前でリストを作成しました。

さらに、作ったプログラムを組み合わせて。

あとは、キャラクターに答えを言わせるように見た目を整えます。

一番最後の数が正解となります。

答えは、904ということになりました。