お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

洛星中学校の過去問をプログラミングで解いてみよう

さて今回は、2009年度洛星中学校の入試問題を解いてみましょう。

食塩水の文章題をプログラミングで考える場合、水、食塩、割合について、基本的にはそれぞれ変数を作っていくんですね。

この問題では、「水の量」が変化していくので、最初に1400を設定することにします。

また、最初の濃度は13%ということなので、水の量にパーセンテージをかければ、食塩の量がまずはわかります。

—2

この場合、食塩の量は182gとなります。

そして、水の量を増やしていった結果、濃度が7%になっというんだから、その条件になるまで、水を1ずつカウントアップしていくループを作るんですね。

最初が13パーセントの濃度、これが最終は7%になる。

この差に着目できるかがポイントです。

ここで出てきた数値は、水の量2600。

さあ、ここまでプログラミングできれば、あとは簡単。

増えた水の量を算出して、それを40(秒)で割ってやれば、答えが出るはずですね。

一秒あたり入れた水の量について、あらたに変数を作ってやります。

出ました、1秒あたり30g。これが答えです。

あとは、キャラクターに答えを言わせるプログラムを追加して、完成です。