お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【PhotoShop】プロダクトイメージを簡単に

前回に引き続き、PhotoShopの画像加工をご紹介します。

プロダクトイメージを考えるとき、基本的には複数の画像を合成しながら、構成を練り上げていくのですが、今回は2つの画像を使ったレタッチをやっていきます。

まずは、こんな感じのコーヒーカップの画像を開きました。

ここに、別レイヤーで花の画像を載せましょう。

画像を重ねただけでは、やはりちょっと不自然ですね。いろいろと手を加えていきましょう。

ワープで画像を湾曲させる

何が不自然かというと、立体物であるカップに対して、花の画像があまりに平面すぎるところではないでしょうか。

まずはここを変えていきましょう。

花のレイヤーを選択して、「編集」→「変形」→「ワープ」。

ワープを使えば、自由度の高い湾曲表現ができます。

コーヒーカップの立体感に合わせて、花の画像も変形してみました。

しっくりくる位置まで、花を移動させましょう。

背面の画像素材になじませる

ちょっと違和感なくなりましたが、まだ花のデザインが浮いた印象です。

ここで、背面のコーヒーカップ素材になじませるように加工します。

加工といってもこれは簡単。

花のレイヤーを選んで、「焼きこみカラー」。不透明度は70%くらいに設定します。

見た目はこんな感じ。

花のデザインがコーヒーカップに馴染んで、急にしっくりきました。

コーヒーカップ上部にある影の部分が、花の画像にもうまくかかっています。

プロダクトイメージをつくる際、ワープと焼き込みの組み合わせは、すごく簡単で効果的なレタッチ手法です。