速習!スクラッチ講座

SCRATCH

音を組み合わせる

スクリプトで音グループを作る

楽器を使ったメロディ

効果音だけでなく、音のスクリプトを組み合わせることでさらに幅広い表現ができます。

たとえば、楽器を「トロンボーン(9)」にして、ドレミファを鳴らしてみます。楽器やメロディに合ったテンポにしてみます。

Scratch 2 Offline Editor 2016-08-30 19-29-37

音階についてはわかりづらいですが、このように鍵盤が出てくるので便利です。

Scratch 2 Offline Editor 2016-08-30 19-35-10

クリックして聴いてみましょう。

作曲してみよう

作曲で一番使うのが「○の音符を○拍鳴らす」。上で説明したとおり「○の音符を○拍鳴らす」命令では、音の高さと長さを自由に変えることができるんですね。

数字を自由に変更して曲を作ってみましょう。音の高さは0から127の範囲で指定。「ド」の音階は「60」になります。

Scratch 2 Offline Editor 2016-08-30 19-26-25

「カエルの歌」のを作ってみました。
スクラッチ上でも自分好みのメロディをいろいろ作ることができるんですね。