速習!スクラッチ講座

SCRATCH

リストの長さを使う

変数に入っているものは、現時点での値ですが、リストを使えば、次々と値を残していけます。

今回はひとつ、算数の問題を使って、リストの使い方を見ていきましょう。

カウントアップ変数

この問題、先に答えを言うと、93個になります。

この93という数字を出すための、プログラムを考えます。

まず、1から200までの範囲ということで、1から始まって200までカウントアップする変数(i)をつくりました。

一瞬のことで、目では確認できませんが、変数は200で止まります。

リストの長さを使って解答

続いて、リストをつくります。

今回は、「候補」という名前でリストをつくりました。

このリストの中に、変数(i)で取得したデータを追加していきます。

スタートの時は、リストの中は空っぽにしたいので、「all番目を削除する」を最初に入れます。

実行してみましょう。

1から始まって200までの値がすべて、リストの中に入っています。

今回出したい答えは、「3で割り切れる数」または「5で割り切れる数」。

この条件をさらに追加しましょう。

「または」ということで、2つのうち、どちらか一つでも当てはまれば、リストに値を追加できます。

結果、リストの最終に「長さ93」が表示されていますね。

ここでの「長さ」とは、リストに入ったデータの数のことなんですね。

「リストの長さ」の値も、取得することができ、最後はセリフで答えを表示しました。