お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
スクラッチ

「聞いて待つ」を使って変数をかえる

数字を入力して、それをもとに結果を表示させるシステム。

言葉を入れて、それが正解か不正解かを判断する、クイズゲーム。

どちらのプログラムも、ユーザー入力したデータを格納して利用しています。

少し固い内容になりますが、今回はリットルとデシリットル変換装置をつくって、この動きを確認していきます。

それぞれのボタンを押すと、数値の入力を求めるようにしましょう。

そしてその答えを、変数に格納します。

まずはオレンジのボタン。リットルのほうから。

ボタンをクリックします。

「何リットル?」と聞いてきますので、ここでは3と入力しました。

すると、変数に3が格納されているのがわかります。

入力データさえ取得できれば、あとは計算のしくみですね。

コードを追加しましょう。

ミリリットルに変換するために、メッセージ「ミリリットル」をつくりました。

これを、青色ボタンのほうで受け取り、変換の計算式を入れます。

1ℓ = 1000㎖ なので、1000を掛ければ答えが出てきますね。

もう一度、オレンジのボタンを押して、今度は5を入力。

「5000ミリリットルだね」と答えが返ってきます。

リットルは完成。

まったく同じ仕組みで、ミリリットルもつくりましょう。

青ボタン。

オレンジボタン。

これで「ℓと㎖」の変換装置が出来上がりました。