速習!スクラッチ講座

SCRATCH

パワーゲージをつくる

パワーゲージの仕組みをつくってみましょう。

マウスを押している間は、ずっとパワーがたまっていって、離すと0に戻ります。

ゲージの部分は「ペン」を使ってつくります。

関連記事:
関連記事:【速習Scratch】ゲージの往復運動をくり返す
【速習Scratch】ライフゲージをつくる

ペンを使ったレベルゲージ機能

まずは何でもいいので、スプライトを用意しましょう。

ここでは、Ballのスプライトを用意しました。

続いて、「パワー」という名前で変数をつくります。

パワーの中の数値を、グラフのように伸ばせるように、コードをつくっていきましょう。

ひとまとめの長いコードですが、パワーゲージのしくみを全部いれています。

マウスが押されている間の処理、離したときの処理、MAXの5になったときの処理などが入っています。

スタートして、左クリックを長押してみましょう。

パワーがどんどん上がっていって、マウスをはなすと元に戻ります。

関連記事:
関連記事:【速習Scratch】ゲージの往復運動をくり返す
【速習Scratch】ライフゲージをつくる