速習!スクラッチ講座

SCRATCH

3秒おきに弾幕を発射する

【弾幕についての関連記事】
・全方位ランダムで弾幕をつくる

ゲームによって、弾幕のバリエーションも変わりますが、今回は360°、全方位に発射する弾幕を、スクラッチでつくりましょう。

使用するスプライトは、ロボットとボール。

完成はこんなイメージです。

全方位への弾幕プログラム

発射元になるロボットは、左右にずっと動かすことにしました。

続いてボールのスクリプトです。

ボールには「Robotへ行く」を入れて、常にロボットにくっついていくように。

「クローンを作る」を「10回繰り返す」で、360度に向けてクローンを生成。

それぞれのクローンは、画面の端までくると消えます。

3秒おきに発射するプログラム

とりあえず弾幕はできましたが、これだとずっと発射し続けてしまいますね。

3秒おきに弾幕をクローンする仕組みを考えてみましょう。

まず時間をはかるために、タイマーが必要。

しかし、このシステムタイマー、少数第3位まで表示する、厳密なタイマーなんですね。

また後で説明しますが、ここでは少数以下を消したいと思います。

整数のみにするにはこのように。

そして、3秒おきに実行するスクリプトでは、「割った余り」を使います。

タイマーが1、2、3、4、5・・・と進んでいくと、

1 ÷ 3 = 0あまり1
2 ÷ 3 = 0あまり2
3 ÷ 3 = 1あまり0
4 ÷ 3 = 1あまり1
5 ÷ 3 = 1あまり2

という具合になりますね。

スタートしてみましょう。

あまりが「0」の条件になれば、弾幕クローンが実行される。

これで3秒おきに発射する仕組みが出来上がりました。