速習!スクラッチ講座

SCRATCH

加速と減速

乗りものを操作するゲームでは、加速と減速のプログラミングがとても重要になってきます。

今回は、ただ乗り物が進んでいくのではなく、徐々に加速して、徐々に減速する仕組みを考えてみましょう。

スピードの変数で制御する

今回はバスのスプライトを用意して、動きを確認しましょう。

ここでいう加速と減速は、アクセルを踏めばゆっくり進んで、離すとゆっくり止まる動きです。

これらはすべて。変数で制御していきます。

まずはスピードという名前で変数をつくりましょう。

アクセルの役目は、スペースキーにします。

そして、スペースキーが押さている間は、スピードを0.1ずつ上げていきます。

ただし、最大速度は15ということにしましょう。

だんだん加速していく動きは、このようにつくりました。

プレイしてみましょう。

バスが左からゆっくりスタート。じょじょに加速していくことが確認できます。

ところが、スペースを放した瞬間、急にストップしてしまうんですね。

ゆっくり減速させる

それでは、スペースを放したときに、ゆっくり減速していって、静止するまでの動きをつくりましょう。

考え方は、加速のときと同じです。

「もし~なら」を入れて、2つ目の条件をつくりました。

加速のときは、「アクセルを踏んで、最大速度が15未満」という条件をいれました。

今回は、「アクセルを放しても、まだ0以上の速度がでているとき」という条件になります。

0.05ずつ変数を減らして、じっくり減速。

減速していって、スピード0になれば静止ですね。

プレイしてみましょう。

ゆっくり進んで、スペースを放せば、ゆっくりと停止してくれました。