速習!スクラッチ講座

SCRATCH

端に着いたら消える

「もし端に着いたら、跳ね返る」のコードは、標準で搭載されています。

ところが、「もし端に着いたら消える」は見当たらないんですね。

今回も、弾幕のプログラムを作りながら、見ていきましょう。

中心のボールが、3秒おきに弾幕をつくるプログラム。

クローンされたボールの動きは、10歩動かすを繰り返しています。

これだと、ボールはどんどん端にたまって、全然消えてくれません。

端についたら消えるように、コードを作りかえましょう。

スタートしてみると、ボールが消えてくれました。

「端に触れた」と「~まで繰り返す」を組み合わせて、ボールを制御しています。