お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
スクラッチ

10秒たてば次の敵キャラが出現

ステージが進むにつれて、出現する敵キャラも変えたい。

ゲームを面白くするためには、当然必要なプログラムになります。

今回は、敵キャラを動かして、10秒たてば消える。

そしてすぐに、2つ目の敵キャラが登場するように、プログラミングしていきましょう。

タイマーを使って制御

1つめの敵キャラは、ゴーストのスプライトを登場させます。

このスプライト、タイマーをつかってプログラミングします。

タイマーが10秒を超えれば、スプライトを消えるプログラム。

スタート時点では必ずタイマーをリセットします。

システムタイマーは、少数まで扱う厳密なタイマー。

10秒を越えたタイミングということで、不等式を使いました。

最後、隠すだけではまだプログラムが動いているので、「このスクリプトを止める」を入れます。

これでゲームプレイして、10秒たてばゴーストが消えることを確認しましょう。

2つめの敵キャラを登場させる

さて今度は、2つめのスプライトへの切り替えです。

ここではコウモリのスプライトを用意しました。

スタート時点では隠しておかなければなりません。

隠したスプライトを登場させるタイミングをつくりましょう。

これはゴーストのほうで信号を一つつくるんですね。

メッセージ1という信号を一つ入れました。

これをコウモリのほうで。受け取りましょう。

メッセージ1を受け取ったときに表示。

コウモリらしくX方向に不規則な動きをつけました。

そしてコウモリは、20秒を過ぎるまで出現し続けますね。

さらに20秒後に、3つめの敵キャラを登場させたい場合でも、同じ仕組みをつかって、どんどん増やしていけますね。