速習!スクラッチ講座

SCRATCH

ぶつかったらゲームオーバー

ミサイルや敵キャラにぶつかったらゲームオーバー。

ゲームオーバーの仕組みを作ることは、ゲーム制作の基本といえるでしょう。

前回のレーザービームを使って、「GAME OVER」の文字を表示するプログラムを考えてみます。

テキストを書く

まずは、GAME OVERのスプライトを用意しましょう。

描くのところをクリックし、コスチューム画面へ。

塗りつぶしを赤色に変えて、テキストを選択。

「GAME OVER」を書きました。

Scratch2.0との大きな違いはこれ。

Scratch3.0の場合、日本語で入力することができるんですね。

字体を変えることもできます。

英字で書けば、こういったPixelのテキストに変更できたりします。

テキストを表示する

「GAME OVER」のスプライトができれば、次はプログラミング。

まずは、ロケットのプログラムの中に、「ゲームオーバー」というメッセージを追加しましょう。

すべてを停めてしまう前に、「ゲームオーバー」の信号を送るんですね。

この信号を、さっき作りましたゲームオーバーのスプライトで受け取ります。

メッセージ「ゲームオーバー」を受け取ったときは、隠す。

スタートボタンが押されたときは、表示する。

これは、2つでワンセットですね。

プレイしてみましょう。

ぶつかってから、しばらくして「GAME OVER」が表示されました。