速習!スクラッチ講座

SCRATCH

リストどうしの答え合わせ

2つのリストを答え合わせできるプログラムを考えていきましょう。

今回はリスト1、リスト2を作り、ボタンを押すと色の名前を追加していく仕組みにしています。

答え合わせボタンを押し、上から順に答えがあっている場合は「正解」を表示。

このように間違っている場合は、「間違い」と表示させます。

関連記事:
【速習Scratch】取った順番に置く

1番からの正誤を見ていく

1番から最後までの答えを一気にやるのではなく、ここでは一つひとつ、上から順番に見ていく方法を取ります。

まずは最初の条件として、リスト1とリスト2の長さが同じでないといけません。

そして次は、1番目の答えを見比べます。

答えが合っている場合は、それぞれの1番目を削除。

これをリストの長さ分で繰り返しループ。

2番目にあったものが1番目に動きます。

このループを無事に抜けることができれば、「正解」のメッセージを送ります。

あとは、背景で「正解」と「間違い」を切り替え。

リストどうしの答え合わせ。今回は1番から順に確認していく方法をご紹介しました。

関連記事:
【速習Scratch】取った順番に置く