速習!スクラッチ講座

SCRATCH

時間が過ぎれば次の敵キャラが出現

前回と同じステージを使って、引き続きプログラミングしていきましょう。

今度は、10秒経てば次の敵があらわれる仕組みをつくっていきます。

時間になれば次のスプライト出現

ここでは次の敵キャラ、「こうもり」のメッセージをつくりました。

それを、10秒たった後に、挿入しました。

この信号を、今度は次の敵キャラのほうで受け取りましょう。

次の敵では、こうもりのスプライトを使いました。

クローンを使い際は、本体のスプライトは非表示にしなければなりません。

あとは、1つめの敵キャラと同様のコードをつくります。

コウモリは、20秒たてば消えるようにしました。

「こうもり」のメッセージを受け取ったタイミングで、クローンをつくります。

またX座標をランダムで変えて、ジグザグの動きを出すようにしました。

プレイしてみましょう。

10秒経てば、コウモリの敵キャラが現れました。