速習!スクラッチ講座

SCRATCH

自分以外のクローンをつくる

自分自身ではなく、他のスプライトのクローンをつくる方法を見ていきましょう。

たとえば、ランダムでいろんな種類のクローンを出現させたい場合。

ここでは、5種類の動物を3秒おきに出現させ、左から右へ歩くアニメーションをつくります。

クローンをランダム生成させるコード

今回用意したのは、この5匹の動物たち。

後からクローン生成させるので、本体のスプライトは隠しましょう。

5匹すべて隠しておきます。

続いて、今回のプログラミングの本体、クローン生成の仕組みをつくります。

まずは、空のスプライトを用意します。

スプライト「描く」をクリック。

ここでは何も描かず、コードを作るためだけの空のスクリプトにします。

ここにコードをつくりました。

変数「動物」をつくり、ランダム数値を入れて、クローンの種類を切り替えているんですね。

3秒おきに、合計10匹の動物を出現させます。

他のスプライトがクローンされたとき

クローンをつくるだけでは動きません。

「クローンされたとき」を使って、クローンされたあとの動きを、プログラミングしないといけないんですね。

今回のような場合は、それぞれのスプライトの中につくっていきます。

左端から右端に向かって歩いて消えるプログラム。

5匹の動物の中に、まったく同じプログラムを複製します。

実行してみましょう。

ランダムで順番に、動物が出現。

この仕組み、いろいろなゲームで活用できそうですね。