速習!スクラッチ講座

SCRATCH

座標の間を行き来する

同じ場所を行ったり来たりするキャラクター。

今回は、ある座標の間を行き来するプログラムを考えてみましょう。

前回のクマが歩くアニメーションを改変して、つくってみました。

向きをかえずに、ひたすら画面端まで歩いていくプログラムはこのようになります。

ここに、X座標:125になれば左に向きをかえる、逆にX座標:-125になれば、右に向きを変えるプログラムを追加します。

最初に歩いていく方向は90°(右方向)。

そして、それぞれ座標をつかって条件を設定しました。

向きを変えたときにひっくり返らないように「回転方法を左右のみにする」を忘れずに。

同じ場所を行ったり来たりの動き、出来上がりました。