速習!スクラッチ講座

SCRATCH

ある座標まで来たら止める

スプライトを動かしていって、ある場所まで来たときに動きを止める。

こういったプログラム、座標を使ってつくったつもりが、うまく停止してくれないことがあります。

具体的に見ていきましょう。

ここでは、クマのキャラクターが歩き、X座標が125のところまできたときに止めてみます。

右の方へのっそりと歩いていくプログラムを入れました。

このクマ、X座標125のところで、止めたいと思います。

X=125のところまでクマが歩き、たどり着いたらすべてを止める。

プレイしてみましょう。

うまく止まってくれました。

ある座標で止まらない場合

それでは、「5歩動かす」を「6歩動かす」に変えてみましょう。

クマが通り過ぎてしまいました。

なぜかというと、X座標が0からスタートして、ずっと6歩ずつ歩き続けると、X座標125を通り過ぎてしまいます。

こういった場合は、不等式を使って解決しましょう。

X座標125を越えるところまで、「6歩動かす」を繰り返す。

不等式(>)を使って、条件を入れ替えました。

プレイしてみましょう。

X座標125の付近で止まってくれればOKです。