お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
スクラッチ

ボールを跳ね返す

前回はパドルも完成したので、ここにボールを登場させましょう。

パドルを使ってボールを跳ね返す、このようなポンゲームをつくります。

ボールを動かす

まずはじめに、ボールを動かすプログラムから。

スタートは-45度から45度までのランダムで、上方向に動き出します。

とりあえずこれで、画面の端までいったら跳ね返ってくれますね。

次は、パドルに触れたときに跳ね返るように、コードを追加しましょう。

触れた瞬間にボールの角度を変えてみました。

ボールの色を変化させたり、音を鳴らしたり、アレンジも加えています。

パドルでボールを跳ね返すプログラムの完成です。

跳ね返すと点数が入る

ここでもうひと工夫、得点が入っていく仕組みをつくりましょう。

変数をつくります。

パドルでボールを跳ね返せば、1点入るようにしましょう。

プレイしてみると、一見うまく完成しているのですが、ゲームをやっていく中で、こんなバグが発生しました。

下から来たボールを当てにいった瞬間、ずっとパドルにくっついて、点数がどんどん増えていくような現象。

これではゲームになりませんね。

パドルで跳ね返すときの、回転角度と、画面端との狭いスペースで、細かい動きが繰り返されているためです。

これを回避するために、ゲームオーバーをつくることにしました。

ぶつかるとゲームオーバー

四角形のスプライトを描いて、ゲームオーバーの範囲を用意しましょう。

「アウト」というスプライト名にしました。

ここにぶつかってしまうとゲームオーバーということにします。

背景を複製して、GameOverの文字を入れました。

ボールのコードに戻ります。

コードが長くなるので、分けてつくりました。

アウトにぶつかってしまうと、ゲームオーバーの背景に切り替わり、すべてが止まります。

簡単に楽しめるミニゲームが完成しました。