速習!スクラッチ講座

SCRATCH

流れるようなループアニメーション

スプライトをずっとループさせて、背景として流れているような演出をつけてみましょう。

雲を描いて、このようなループアニメーションを、クローンを使って作成します。

一つ目のコード

かんたんに手描きして、雲のスプライトを用意します。

太さ50の筆で、ざっくり描いていきましょう。

横幅は少しはみ出すくらいです。

はじめの雲のスタート位置を決めます。

X座標0、Y座標180にして、コードをクリック。

このように雲のイラストが配置されました。

雲を動かして、ストップする位置を確認していきます。

このようなコードを作成して、クリック。

左端で、雲のイラストがストップします。

いったんプレイを止めます。

雲がストップした場所が、-490であることがわかりました。

※スプライトの描くサイズによって、この座標はそれぞれ違います。

これをもとに、コードを作成します。

ストップしたX座標よりも手前の数値を、条件に設定します。

このコードはいったん置いておいて、次のコードを作成します。

二つ目のコード

今度は、2つめの雲のスタート位置を決めます。

X座標を5ずつ変えるをループさせて、コードをクリック。

雲のイラストが右端でストップします。

プレイを止めます。

右端でストップしたときの座標がわかります。

これをもとに、コードを作成します。

ここまで、2つのコードが出来上がりました。

2つのクローンを生成する

次に、クローンのプログラムを作っていきましょう。

変数を作成して、2回ループをカウントさせます。

クローンされたときのプログラムを作成しましょう。

「雲=1」には、「一つ目のコード」を。

「雲=2」には、「二つ目のコード」を入れます。

スタートして、動きを見てみましょう

2つのクローンが動きを無限ループさせて、流れるようなアニメーション表現になっています。