速習!スクラッチ講座

SCRATCH

ライフゲージをつくる

今回はライフゲージの作り方について見ていきましょう。

3つのライフポイントを表示して、すべて無くなればゲームオーバー。

よくあるシチュエーションですね。

ライフポイントは、以下の記事のように、クローンを使った方法もあります。

関連記事:
【速習Scratch】クローンを使ったライフゲージ
【速習Scratch】パワーゲージをつくる
【速習Scratch】ゲージの往復運動をくり返す

ライフのスプライトを用意

まずはじめに、ライフのスプライトをつくるところから始めます。

ハートのスプライトをこんな風に並べます。

ポイントは、最初のハート1個を基準に並べること。

ハートを減らすプログラム

続いて、ライフゲージのプログラムです。

ライフという変数を新しく用意。

変数が減少するのに応じて、ライフのコスチュームも変化させます。

ライフゲージらしく、画面の左上配置しました。

あとは、ぶつかったときにライフを1ずつ減らすコードが必要ですね。

たとえば、敵キャラクターが、おさるにぶつかったときに、ライフを1つ減らします。

敵キャラのコード。

プレイヤーのほうは、こんなコードをつくりました。

「触れた」を使えば、一瞬でも触れている間ずっと、変数が減り続けてしまいます。

それを防ぐために、ダメージをくらったときに、プレーヤーをグラつかせる動きをつけました。

関連記事:
【速習Scratch】クローンを使ったライフゲージ
【速習Scratch】パワーゲージをつくる
【速習Scratch】ゲージの往復運動をくり返す