お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
スクラッチ

音データのファイル形式

プログラミング作品には欠かせないBGMや効果音。

音をつけるには、Scratchが用意しているサウンドデータから選ぶか、自分で用意したファイルを読み込むか、大きく2つの方法があります。

Scratchでは音データが豊富に揃っていて、マウスを乗せると視聴も可能。

このデータはPCにダウンロードすることもできるんですね。

取り込んだ音データを右クリックして、「書き出し」を押せば、ダウンロードできます。

データ形式はWAVとMP3

Scratchからダウンロードしたデータを確認してみましょう。

データ形式はWAVになっています。

このWAV形式の他に、スクラッチではMP3もアップロードできるんですね。

スクラッチに内蔵されているサウンドは、種類は多いのですが、短めの音源が多い印象。

長めのBGMや、きめ細かい演出には、やっぱり手持ちのMP3をアップロードしたいところです。

ためしに、MP3データを取り込んでみました。

ここで気をつけたいのが、音量ですね。

音量を落とすコードは、用意されています。

たとえばゲームのBGM音量を下げたい場合、このコードで音量を下げればいいでしょう。

でも、BGMのほかに、効果音などたくさんのサウンドをつけている場合、すべての音量が下がってしまいますね。

そんなとき便利なのが、Scratchの音を編集する機能です。

このように「小さく」をずっと押していくと、どんどんボリュームが下がってくれます。

これでBGMだけの音量を下げることができますね。