Unity事例ノート

UNITY

プレーヤーの前からボールを発射する

Instantiateを使って発射する場合、自分のポジションから生成してしまうことで、動きに悪影響が出る場合があります。

ボールの発射位置を、プレーヤーの前方から出ていくようにしましょう。

関連記事:
プレーヤーの向いている方向に発射する
移動と発射・MainCamera追従を組合わせる
キャラクターコントローラーに発射機能
前方にオブジェクトを置く

プレーヤーの前に空のオブジェクトをつくる

Cubeオブジェクトをつくり、真横のアングルから確認します。

遠近投影はOFFにしています。

座標はすべて0にしましょう。

Cubeを右クリックして、空のオブジェクト(GameObject)を作成しましょう。

GameObjectが発射ポイントになります。

今回はZ方向に1だけずらしました。

シーンビューではこのように確認できます。

ボール発射のスクリプト

ボールのPrefabデータを用意しましょう。

リジッドボディを追加し、重力を使用(UseGravity)はチェックを外します。

BallShot.csを作成し、GameObjectに追加しましょう。

BallShot.csを記述します。

スフィアのフィールドに、Prefabデータを入れます。

プレイしてみましょう。

スペースキーを押すと、Cubeの前方からボールが発射されます。

次回では動きながら発射するしくみを紹介しています。

関連記事:
プレーヤーの向いている方向に発射する
移動と発射・MainCamera追従を組合わせる
キャラクターコントローラーに発射機能
前方にオブジェクトを置く

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内