Unity事例ノート

UNITY

ボールをキャッチして投げ返す

飛んできたボールを保持して、それを投げ返す、キャッチボールのような仕組みを作ってみましょう。

前からボールが飛んできて、ぶつかれば、前方で保持。

スペースキーを押せば、発射元に向けて、投げ返すことができます。

関連記事:
【Unity C#】自機狙い(プレーヤーに向けた)発射 -3Dゲーム

ボールを投げ返す

まずはプレーヤーとしてCubeを作成します。

Cubeを少しだけ手前のほうに移動します。

Cubeを動かせるように、CubeMove.csを作成し、Cubeに追加しましょう。

CubeMove.csを記述します。

空のオブジェクト(GameObject)を作成し、奥の方へ移動します。

BallShot.csを作成し、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

Sphereを作成し、リジッドボデイを追加。

SphereScript.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereScript.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、Prefabデータに変換。

Sphereの元データは削除しておきます。

GameObjectを選択し、それぞれのフィールドにオブジェクトを入れましょう。

ゲームプレイしてみましょう。

2秒おきにボールが飛んできて、ぶつかれば親子関係をつくってボールをキャッチ。

スペースキーを押せば、ボールの発射位置めがけて、投げ返します。

関連記事:
【Unity C#】自機狙い(プレーヤーに向けた)発射 -3Dゲーム