お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】クリックとキー押下で実行

PCで操作するゲームでは、キーやマウスクリックで何らかのアクションを行います。

前回に続き、2Dシューティングのミサイル発射について、スペースキーと左クリックで作っていきましょう。

ミサイルの生成

レーザーミサイルのプレハブを入れるため、まずはSerializeFieldを用意。

void Update()の中に、スペースキーが押された(左クリック)ときの処理を書きました。

左クリックの場合は、Input.GetMouseButtonDown(0)を使用します。

Input.GetAxisは、「W」「A」「S」「D」の各キーでも操作できるので、マウスを使いたいときに便利ですね。

SerializeFieldには忘れずに、レーザーミサイルを装備しましょう。

プレイしてみましょう。

プレーヤーの位置に、ミサイルが生成されています。

ミサイルの移動

ミサイルは無事に生成されましたが、これを上部に向かって動かさなければなりません。

ミサイルを移動させるコードは、別に作成します。

新しくLaser.csを作成し、レーザーミサイルのPrefabにアタッチしましょう。

レーザーミサイルのスピードは、Unity側で入力しましょう。

発射したミサイルは、Y座標5.5に達すれば削除するようにしました。

プレイしてみましょう。

生成されたミサイルが、上に向かって進んでくれました。