Unity事例ノート

UNITY

3D空間でプレーヤーを追いかけるオブジェクト

プレーヤーに向かってずっと付いてくるオブジェクトを作ってみましょう。

3Dの中で移動するCubeの方に向かって、Sphereがずっと追いかけていきます。

関連記事:
【Unity C#】ナビメッシュエージェントを使った追尾機能
【Unity C#】空間の中でクリックした位置へ行く
【Unity C#】自機狙い(プレーヤーに向けた)発射 -3Dゲーム
【Unity C#】マウスカーソルを追いかけるオブジェクト

プレーヤーの動き

CubeとSphereを作成して、それぞれに色をつけ、Sphereを離れたところに配置します。

Cubeを上下左右、前後に移動できるようにします。

CubeMove.csを作成して、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして動きを確認します。

【上下左右の動き】は十字キー、【前後の動き】はWキーとSキーで操作します。

3Dで追いかけてくるスクリプト

続いて、Sphereが追ってくる仕組みをつくります。

SphereMove.csを作成して、Sphereに追加しましょう。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

3D空間を動くプレーヤーに向かって、ずっと追いかけてくる仕組みが出来上がりました。

transform.LookAtでCube(プレーヤー)へ向きながら、ずっと移動を続けています。

関連記事:
【Unity C#】ナビメッシュエージェントを使った追尾機能
【Unity C#】空間の中でクリックした位置へ行く
【Unity C#】自機狙い(プレーヤーに向けた)発射 -3Dゲーム
【Unity C#】マウスカーソルを追いかけるオブジェクト