Unity事例ノート

UNITY

オブジェクトに向けてRaycastを出し続ける

特定のオブジェクトに対して、Rayを飛ばし続けるように、スクリプトを作成してみましょう。

プレーヤーのCubeを操作しても、Sphereに向かってRayを出し続けます。

関連記事:
【Unity C#】向いている方向へRaycastを出す
【Unity C#】斜めに向けたRaycastで衝突判定
【Unity C#】左右にRaycastの接触判定をつくる

特定のオブジェクトに向けてRayを飛ばす

CubeとSphereを作成し、適度に距離をとります。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

スフィアのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

【上下左右の動き】は十字キー、【前後の動き】はWキーとSキーで操作します。

Sphereに向けて、常にRaycastが出ていることが確認できます。

関連記事:
【Unity C#】向いている方向へRaycastを出す
【Unity C#】斜めに向けたRaycastで衝突判定
【Unity C#】左右にRaycastの接触判定をつくる