Unity事例ノート

UNITY

【Unity2D C#】画像データを使ってアニメーション作成

Unityuに読み込んだ画像データを使って、アニメーションを作成してみましょう。

今回使うpngファイルは、以下からダウンロード可能です。

https://online.futabazemi.work/bitboy_png.zip

左右へ向きを変え、歩いたときに、足を動かすアニメーションをつけています。

このように、2つのpngファイルとスクリプトを書いて、アニメーションを作成します。

関連記事:
【Unity C#】オブジェクトを使ったアニメーション作成
【Unity C#】前進と停止のアニメーションをつける
【Unity C#】キャラクターをジャンプさせる
【Unity C#】ジャンプのアニメーション
【Unity C#】シフトキーで走るアニメーション

pngファイルでアニメーション作成

Imageフィルダを作成し、2枚の画像をインポートしましょう。

プロジェクト内で右クリック > 新しいアセットをインポート

bitboy_idleのファイルを、ヒエラルキーにドラッグ&ドロップします。

サイズを変更し、2Dリジッドボディを追加。

キネマティックに変更します。

Animationという名前でフィルダを作成しておきます。

アニメーションを作成しましょう。

bitboy_idleを選んだ状態で、ウィンドウ > アニメーション > アニメーション

作成をクリックしてみます。

Idleという名前をつけて、Animationフォルダの中に保存しましょう。

0:00の位置に、bitboy_idleファイルを、ドラッグ&ドロップします。

続いて、歩きのアニメーションを作ります。

新しいクリップを作成を選択。

Walkという名前をつけて、Animationフォルダの中に保存します。

0:00と0:20の位置にbitboy_idleを入れ、0:10の位置にbitboy_walkを入れます。

アニメーションをプレイして、動きを確認しましょう。

アニメーターの設定

bitboy_idleという名前のアニメーターコントローラーが出来ているので、ダブルクリックで開きます。

パラメータから、boolを作成します。

isWalkという名前をつけます。

Idleを右クリック > 遷移を作成

IdleからWalkへの遷移をつくります。

遷移の矢印をクリックして選択します。

インスペクターで設定を行います。

終了時間と固定間隔のチェックを外し、Conditionsを追加してtrueに設定します。

続いて、WalkからIdleに向けて、遷移をつくります。

Walkを右クリック > 遷移を作成

遷移の矢印を選択します。

終了時間と固定間隔のチェックを外し、Conditionsを追加してfalseに設定します。

以上、アニメーターコントローラーの設定は終わりました。

次は、プレーヤーをキー操作で動かすために、スクリプトを作成します。

アニメーションのスクリプト作成

PlayerMove.csを作成し、bitboy_idleに追加します。

PlayerMove.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キー操作しましょう。

動いているときは歩くWalkのアニメーション、止まればIdleのアニメーションに切り替わります。

関連記事:
【Unity C#】オブジェクトを使ったアニメーション作成
【Unity C#】前進と停止のアニメーションをつける
【Unity C#】キャラクターをジャンプさせる
【Unity C#】ジャンプのアニメーション
【Unity C#】シフトキーで走るアニメーション