お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
お知らせカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】2Dゲームで画面端から外へ移動させない

2Dゲームなどでは、画面の端からはみ出してしまうと、ゲームが成り立たないことがあったりします。

画面外に出ていかないように、プレーヤーを制御してみましょう。

プレーヤーが端にぶつかると、それ以上進むことができない仕組みです。

2Dの画面設定

2Dゲームを作成します。

アスペクト比は3:2に設定しました。

カメラマークがあると見づらいので、これを非表示にしました。

ギズモ > カメラマークをクリック。

カメラマークが消えました。

続いて、プレーヤーのオブジェクトを用意します。

今回は、ギャラクシア2Dスペースシュータースプライトパック#1のフリーアセットをインポートさせていただきました。

Playerフォルダの中から、使用したい素材を選び、ヒエラルキーにドラッグ&ドロップします。

プレーヤーを3倍に拡大します。

以上で、画面設定とオブジェクトの準備はできました。

画面の端に行くと進めなくする

PlayerMove.csを作成して、プレーヤーのオブジェクトに追加しましょう。

PlayerMove.csを書きます。

速度フィールドには、自由に数値を入力してください。

ゲームプレイしてみましょう。

画面の端に行けば、これ以上すすむことができません。

このように、Mathf.Clampを使えば、移動可能なエリアを指定することができます。

範囲指定は、カンマ区切りで2つの値(x, y)を入力しましょう。