お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】Rayを使った方向情報の取得

Unityには、目に見えない光(レーザービーム)を飛ばして、シーン上の位置方向の情報を取得できるものが用意されています。

それがScreenPointToRay。

この機能と情報取得について、ボールのオブジェクトを動かしながら見ていきましょう。

Rayの取得情報を確認

まずはじめに、Rayで取得した情報を、コンソールに表示させてみましょう。

空のオブジェクトをつくり、ファイル名をShot。

ここBallShot.csをアタッチしました。

実行後、ゲームビューの中でマウスクリックしてみましょう。

クリックするたびに、コンソールにRayの情報が出てきます。

Rayを使えば、マウスクリックしたところに向かってメインカメラから光を飛ばし、その方向情報を取得することができるんですね。

Rayを使って発射する

それでは、ScreenPointToRayを使って、ボールを発射してみましょう。

まずはボールをつくってPrefab化。

リジッドボディを付けましょう。

BallShot.csに、新しくコードを追加しました。

Shotオブジェクトに、ボールのPrefabをアタッチします。

再生してクリックしてみましょう。

Rayの方向に向かって、ボールが飛んでいきます。

取得したRayに対して2000を掛けて、ボールに力を加えました。