Unity事例ノート

UNITY

静止中のオブジェクトをクリックで飛ばす

止まっているオブジェクトをクリックすれば、前方へ飛んでいく仕組みをつくってみましょう。

空中にある3個のCubeオブジェクト。

それぞれ左クリックすると、Cubeを弾いて飛ばすことができます。

関連記事:
AddForceを使ってプレハブを前方へ飛ばす
クリック位置によって飛ばす方向を変える
ドラッグした方向へ飛ばす
指定の座標からn秒おきに発射

クリックでオブジェクトを弾く

Cubeを作成してリジッドボディを追加し、Is Kinematicにチェックを入れます。

Targetという名前でタグを設定します。

Cubeを複製します。

横並びに配置しました。

空のオブジェクトを作成します。

CubePush.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

CubePush.csを記述します。

ゲームプレイして、Cubeをクリックしてみましょう。

クリックしたオブジェクトが弾かれ、前に向かって飛んでいきます。

関連記事:
AddForceを使ってプレハブを前方へ飛ばす
クリック位置によって飛ばす方向を変える
ドラッグした方向へ飛ばす
指定の座標からn秒おきに発射