Unity事例ノート

UNITY

弾が消えなければ次を撃てなくする

発射したオブジェクトが削除されなければ、次の発射ができない仕組みをつくってみましょう。

クリックでボールを発射。一定の距離まで行けばボールが消えます。

先に飛ばしたボールが消えない限り、いくらクリックを連打しても撃つことができません。

関連記事:
プレーヤーの向いている方向に発射
定位置からボールを発射させるしくみ
360°全方位に向けて発射
クリックした場所からボールを発射する
全方位に向けてランダム発射
発射の弾数を制限する
発射したPrefabを削除する
一度に複数のオブジェクトを発射

発射したオブジェクトが消えれば発射可能

空のオブジェクトを作成します。

BallShot.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)にドラッグ&ドロップします。

BallShot.csを記述します。

続いて、Sphereを作成して、リジッドボディを追加します。

BallDelete.csを作成し、Sphereに追加します。

BallDelete.csを記述します。

Prefabフォルダを作り、この中にSphereオブジェクトを入れてプレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

GameObjectを選択して、Ballのフィールドの中に、Sphereオブジェクトを入れます。

ゲームプレイしましょう。

いくらクリックを連打しても、ボールが消えなければ、次の弾を撃つことはできません。

関連記事:
プレーヤーの向いている方向に発射
定位置からボールを発射させるしくみ
360°全方位に向けて発射
クリックした場所からボールを発射する
全方位に向けてランダム発射
発射の弾数を制限する
発射したPrefabを削除する
一度に複数のオブジェクトを発射