Unity事例ノート

UNITY

領域に入っている間と離れたときに発生

ある領域に侵入している時と、領域から出た時。

オブジェクトのカラーを用いて、それぞれの発生イベントを見ていきましょう。

このように、エリアを通過している間は黄色、エリアから出たときには緑に変化します。

関連記事:
【Unity C#】OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
【Unity C#】オブジェクトから離れるとイベント発生
【Unity C#】触れている間はイベントを発生させる
【Unity C#】触れた相手のオブジェクト名を取得
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトと同じカラーにする
【Unity C#】乗れば下降していく床

オブジェクトの準備

平面、Cube、Sphereを作成します。

平面にはグレー色を付け、MainCameraの位置を変更しました。

Cubeに透明色をつけましょう。

マテリアルを作成し、Toumeiと名前をつけます。

Rendering ModeをFadeに変更します。

アルベドから色の設定を行います。Aを0にしましょう

透明色が出来たので、これをCubeに追加します。

Cubeオブジェクトが透明になりました。

Cubeを選択し、「トリガーにする」にチェックを入れましょう。

OnTriggerStayとOnTriggerExit

Sphereに動きをつけましょう。

まずはSphereにリジッドボディを追加します。

次に、SphereMove.csを作成して、Cubeに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイして、動きを確認します。

Cubeの中を通過している間は黄色になり、通過し終わるとグリーンに変わります。

OnTriggerStayは、トリガーとなるオブジェクト領域に入ると発生。

OnTriggerExitは、トリガーとなるオブジェクトから離れたときに発生します。

関連記事:
【Unity C#】OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
【Unity C#】オブジェクトから離れるとイベント発生
【Unity C#】触れている間はイベントを発生させる
【Unity C#】触れた相手のオブジェクト名を取得
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトと同じカラーにする
【Unity C#】乗れば下降していく床