Unity事例ノート

UNITY

エリア内にn秒間滞在すれば実行

特定のエリアに侵入した後、n秒経過すれば、実行される仕組みをつくってみましょう。

今回の例では、BoxCollider内に入った状態で、2秒間経てば、プレーヤーを削除します。

関連記事:
Collider内にとどまればn秒間動けなくなる
特定エリアに近づくと追いかけてくる
エリアに入れば自動で移動(ムービングウォーク)
特定エリアに入った時は実行不可にする
エリアに入れば飛び上がる
領域に入っている間と離れたときに発生
触れた相手のコライダーを削除(無効にする)
オブジェクトの半分まで入れば実行
エリア内でランダム移動する
エリアに入れば音量を上げる
非アクティブのオブジェクトを当たり判定で取得

範囲内に侵入後、2秒経過すれば削除

PlaneとSphereを作成し、そろぞれ色をつけます。

Sphereの位置を中心から遠ざけて配置。リジッドボディを追加します。

空のオブジェクトを作成。

ボックスコライダーを追加して、トリガーにするにチェックを入れ、サイズを変更します。

シーンビューではこのように見えています。

このボックスコライダー内に侵入したあと、2秒経てばSphereが消えるようにします。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーで操作しましょう。

ボックスコライダーの範囲内に侵入したあと、2秒経てばSphereは削除されます。

関連記事:
Collider内にとどまればn秒間動けなくなる
特定エリアに近づくと追いかけてくる
エリアに入れば自動で移動(ムービングウォーク)
特定エリアに入った時は実行不可にする
エリアに入れば飛び上がる
領域に入っている間と離れたときに発生
触れた相手のコライダーを削除(無効にする)
オブジェクトの半分まで入れば実行
エリア内でランダム移動する
エリアに入れば音量を上げる
非アクティブのオブジェクトを当たり判定で取得