Unity事例ノート

UNITY

触れた相手のコライダーを削除(無効にする)

接触したオブジェクトのコライダーを削除(無効化)できるスクリプトを作ってみましょう。

BocColliderの当たり判定にぶつかると、相手のコライダーが消えます。

関連記事:
Collider内にとどまればn秒間動けなくなる
コライダーの無効化と有効化
他のコライダーとの距離を取得
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
ボックスコライダーのサイズを変える
SphereColliderの大きさを変える
オブジェクトの半分まで入れば実行
Colliderを使った接触判定
エリア内にn秒間滞在すれば実行
Collider内にとどまればn秒間動けなくなる

ぶつかった相手のコライダーを消す

Plane、Cube、Sphereを作成し、それぞれに色をつけます。

Cube、Sphereにはリジッドボディを追加します。

Cubeにボックスコライダーを追加し、コライダーのサイズを2倍の大きさにしました。

それに合わせて、CubeをY:1に配置しています。

Sphereを少し離して配置します。

シーンビュー上では、このように見えています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーでSphereを操作しましょう。

Cubeのコライダーに触れると、BoxColliderの範囲が消えて(無効になって)オブジェクトが落下します。

関連記事:
Collider内にとどまればn秒間動けなくなる
コライダーの無効化と有効化
他のコライダーとの距離を取得
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
ボックスコライダーのサイズを変える
SphereColliderの大きさを変える
オブジェクトの半分まで入れば実行
Colliderを使った接触判定
エリア内にn秒間滞在すれば実行
Collider内にとどまればn秒間動けなくなる