Unity事例ノート

UNITY

1秒おきにオブジェクトを3個生成する

for文を使って、ボールを3個出現させる仕組みをつくってみましょう。

1秒おきにプレハブを生成し、全部で3つ出るようにforでループさせていきます。

関連記事:
0.1秒おきにゆっくり拡大
クローンを等間隔に生成
生成したプレハブの名前に連番をつける
一度に複数のオブジェクトを発射

for文を使った繰り返し処理

Sphereのプレハブを用意して、リジッドボディを追加しています。

空のオブジェクトを作成します。

GameManager.csの名前でスクリプトを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

GameManager.csのコードを編集します。

Ballのフィールドに、Sphereプレハブを入れます。

ゲームプレイして動きを確認します。

C#でのfor文の書き方ルールは以下のとおりです。

for(初期値; 条件式; 反復子)
{
  処理内容
}

条件式は「この条件に当てはまっている間は繰り返す」という意味になります。

今回の例でいえば、条件式は3未満。変数iは0~2まで、合計3回繰り返します。

関連記事:
0.1秒おきにゆっくり拡大
クローンを等間隔に生成
生成したプレハブの名前に連番をつける
一度に複数のオブジェクトを発射