Unity事例ノート

UNITY

触れている相手に一定間隔で力を加える

接触している相手オブジェクトに、n秒おきに力を加えるように、スクリプトを作成してみましょう。

Sphereオブジェクトが触れると、1秒おきに上に向かって力を与えます。

関連記事:
AddForceを使ったジャンプとvelocityによるジャンプ
Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
クリックした位置に力を加えて弾く
特定の座標まで行けば跳ね返る
バウンドの高さをスクリプトから調整
プレーヤーがひっくり返らないようにする

接触するとn秒おきに押し出す

Plane、Cube、Sphereを作成し、このように配置します。

Sphereにはリジッドボディを追加し、転がっていかないように、回転を固定します。

PushObject.csを作成し、Cubeに追加します。

PushObject.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

Sphereが触れると、Cube側から、Sphereに対して力を加えています。

1秒おきに、オブジェクトを弾き飛ばすしくみが完成しました。

関連記事:
AddForceを使ったジャンプとvelocityによるジャンプ
Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
クリックした位置に力を加えて弾く
特定の座標まで行けば跳ね返る
バウンドの高さをスクリプトから調整
プレーヤーがひっくり返らないようにする