Unity事例ノート

UNITY

1秒おきにPrefabを変える

Prefabを1秒おきに出現させて、種類を切り替えられる仕組みを作ってみましょう。

1秒間隔で生成されて、それぞれ色違いの3つのPrefabが表示されます。

関連記事:
ボタンによってPrefabの種類を変える
発射するPrefabの種類を順番に変える
1秒後にPrefabを削除する
1秒おきにPrefabをランダム表示・非表示
ボタンを押すたびに順番にオブジェクトを切り替える

Prefabの準備

Sphereを3個作成します。

判別しやすいように色をつけて、横並びに配置します。

3個のSphereにそれぞれリジッドボディを追加します。

3個のSphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、Prefab化します。

Sphereの元データはすべて消しておきます。

配列データを順番に切り替え

空のオブジェクトを作成します。

PrefabChange.csを作成し、GameObjectに追加します。

PrefabChange.csを記述します。

BallArrayの項目ができていますので、サイズのところに3を入力します。

要素0~2の中に、Sphereのプレハブを入れます。

プレイしてみましょう。

ballArray.Lengthは、要素0~2の配列の長さで、ここでは3になります。

スタート時にコルーチンを実行し、1秒待ちながら、Prefab生成を3回ループ。

iの数値に合わせて、配列の選択も変えています。

関連記事:
ボタンによってPrefabの種類を変える
発射するPrefabの種類を順番に変える
1秒後にPrefabを削除する
1秒おきにPrefabをランダム表示・非表示
ボタンを押すたびに順番にオブジェクトを切り替える