Unity事例ノート

UNITY

指定の座標からn秒おきに発射

決まった位置から、プレハブを発射できるスクリプトをつくってみましょう。

今回の例では、Y座標5、Z座標20のところから、手前に向かって1秒おきに発射される仕組みです。

プレハブが生成される座標を、あらかじめスクリプト内で指定します。

関連記事:
キーを長押しでn秒おきに発射
マウス長押しでn秒おきにミサイル連射
n秒おきに回転しながら前方へ発射
前後左右へ順番にボール発射
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
n秒おきに発射をくり返す
一度に複数のオブジェクトを発射
静止中のオブジェクトをクリックで飛ばす

決まった位置からPrefabを飛ばす

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきましょう。

空のオブジェクトを作成します。

BallShot.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

Prefab生成のタイミングで、Y座標5、Z座標20を指定しています。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

前方からこちらに向かってボールが飛んできます。

関連記事:
キーを長押しでn秒おきに発射
マウス長押しでn秒おきにミサイル連射
n秒おきに回転しながら前方へ発射
前後左右へ順番にボール発射
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
n秒おきに発射をくり返す
一度に複数のオブジェクトを発射
静止中のオブジェクトをクリックで飛ばす