Unity事例ノート

UNITY

別シーンへ遷移するボタンを設置する

初期シーンに戻るためにボタンを設置してみましょう。

以前の記事:【Unity C#】別シーンへ移動の続きをつくります。

別のシーンへ行くと「戻る」ボタンが表示され、クリックすると元のシーンへ移動します。

関連記事:
【Unity C#】オブジェクトに触れたとき別シーンへ移動
【Unity C#】移動先のシーンで座標を指定する

ボタンの作成

ボタンを表示させるのは遷移した後のScene2になります。

Scene2を開きましょう。

ボタンを新規作成します。

ボタン内のテキストは「戻る」と書きました。

画面サイズによってボタンが拡縮するように、Canvasで「画面サイズに拡大」を選択しています。

ちなみに、プレビューを確認しやすいように、カメラの位置と回転を変更しています。

ボタンの位置も調整して、このように配置しました。

元シーンをロードするスクリプト

続いて、シーン1をロードするスクリプトをつくります。

ヒエラルキー > 空のオブジェクトを作成しましょう。

GameObjectという名前で、空のオブジェクトができています。

GameObjectに、LoadScene1.csを作成して追加します。

LoadScene1.csを書きましょう。

using UnityEngine.SceneManagement; を忘れずに記述しておきます。

この仕組みでは、シーンが切り替わってもPlayerが消えないようになっています。

そのため、ボタンクリックのときにPlayerを削除するようにしています。

ボタンの設定

Buttonを選択して、以下のように設定します。

ここまでできれば、一旦保存しましょう。

ボタンの動作確認

Scene1のほうを開きましょう。

こちらも、カメラの位置、回転を変更しておきます。(今回の記事内容とは直接関係ありません。)

ゲームビューではこのような見た目になりました。

ゲームプレイして、動きを確認しましょう。

関連記事:
【Unity C#】オブジェクトに触れたとき別シーンへ移動
【Unity C#】移動先のシーンで座標を指定する