Unity事例ノート

UNITY

徐々に加速、減速する自然な動き

動き出しは少しずつ加速、止まるときは少しずつ減速するような、プレーヤーの移動処理を作ってみましょう。

「キャラクターコントローラー」のコンポーネントを使えば、自然な動きをつけることができます。

キャラクターコントローラーは、他にも階段を上ったり、ジャンプできる機能があります。

関連記事:
CharacterController.Moveによる移動操作
階段を上るオブジェクト移動(SimpleMove)
進行方向へ回転するプレーヤー操作1
進行方向へ回転するプレーヤー操作2
キャラクターコントローラーに発射機能
CharacterControllerの衝突判定

キャラクターに適した移動処理

Planeを作成し、その上にCapsuleを置きます。

プレーヤーの方向をわかりやすくするため、Sphereを付けます。

Capsuleを右クリック1 > 3Dオブジェクト > スフィア

Sphereの位置を調整します。

このように、前方(Z方向)にSphereが出ている状態です。

Capsuleにキャラクターコントローラーを追加します。

コンポーネントを追加 > 物理 > キャラクターコントローラー

CapsuleMove.csを作成し、Capsuleに追加します。

CapsuleMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

上下キーで前後移動、左右キーで回転します。

動き始めは徐々に加速、停止のときは徐々に減速。

キャラクターの移動に適した、自然な動きが表現できました。

キャラクターコントローラーは、他にも階段を上ったり、ジャンプできる機能があります。

関連記事:
CharacterController.Moveによる移動操作
階段を上るオブジェクト移動(SimpleMove)
進行方向へ回転するプレーヤー操作1
進行方向へ回転するプレーヤー操作2
キャラクターコントローラーに発射機能
CharacterControllerの衝突判定

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内