Unity事例ノート

UNITY

リストの中が0になるまで生成する

リストに入っているオブジェクトを取り出して、0になるまで置けるように、スクリプトを作成しましょう。

リスト内に格納されたプレハブを、スペースキーで若い番号から生成。

一度使ったプレハブは、リストから削除されます。

関連記事:
クリックしたオブジェクト名をリストへ追加
リストの中で最後に追加された要素から削除
リストを古い要素(先頭)から削除
リストの中で指定した要素を削除
ぶつかったオブジェクトの名前をリストに追加する
リストの中のオブジェクトを表示する
FindObjectsOfTypeで指定したクラスを全て取得
配列をすべてリストに移す
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
リストのサイズ(長さ)を取得

リスト内のオブジェクトが無くなれば生成できない

3つのオブジェクトを用意し、それぞれプレハブ化します。

プレハブの元データは削除しておきます。

プレーヤーとしてCubeを作成します。

ListObject.csを作成し、Cubeに追加します。

ListObject.csを記述します。

サイズに3を入力すれば、要素のフィールドが3つ出来ます。

要素0~2に、プレハブを入れましょう。

ゲームプレイしましょう。

Cubeを十字キー操作、スペースキーで要素0にあるプレハブを生成します。

出したプレハブはリストから消し込まれ、すべて無くなればそれ以上、生成することはできません。

関連記事:
クリックしたオブジェクト名をリストへ追加
リストの中で最後に追加された要素から削除
リストを古い要素(先頭)から削除
リストの中で指定した要素を削除
ぶつかったオブジェクトの名前をリストに追加する
リストの中のオブジェクトを表示する
FindObjectsOfTypeで指定したクラスを全て取得
配列をすべてリストに移す
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
リストのサイズ(長さ)を取得