Unity事例ノート

UNITY

クリックした空間にオブジェクトを置く

3D空間で、クリックした位置にオブジェクトを置けるしくみを作ってみましょう。

Sphereオブジェクトがクリックしたところに移動します。

3Dでのマウスクリックの位置は、XYZの座標で表わせるワールド座標へ変換して、取得します。

関連記事:
クリックしたところにPrefabを生成する
マウスをドラッグしてオブジェクトを動かす
マウスカーソルについていくオブジェクト
マウスカーソルに追従して左右に移動
クリックした場所からボールを発射する
クリックした場所にオブジェクトを置く

3Dでのクリック位置取得

Sphereオブジェクトを作成します。

MousePoint.csを作成して、Sphereに追加します。

MousePoint.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

クリックした座標はワールド座標に変換しています。

クリック位置の奥行き(Z)だけは取得できないため、Zを10に固定しています。

関連記事:
クリックしたところにPrefabを生成する
マウスをドラッグしてオブジェクトを動かす
マウスカーソルについていくオブジェクト
マウスカーソルに追従して左右に移動
クリックした場所からボールを発射する
クリックした場所にオブジェクトを置く